「いろんな場所に対応してくれて、さわやかな香り」
サンロッカーズ渋谷 ベンドラメ礼生選手が語る、香りについて

プロバスケットボールBリーグのチーム サンロッカーズ渋谷。
フィッツコーポレーションが同チームのスポンサーを務める関係で、試合会場で香りサンプルを配布したり、2019年夏休みのワークショップイベントでは選手に登壇頂いたりと、さまざまな活動を一緒にしています。

今回、そんなサンロッカーズ渋谷で活躍するベンドラメ礼生選手が、ライジングウェーブを愛用してくださっているとの情報をキャッチし、お話を伺ってきました。

プロのスポーツ選手は普段から香水を使っている方も多いと聞きますが、ベンドラメ選手はどういった使い方をしているのでしょうか?香り以外にも、普段好印象のために気を付けていることなどについて話していただきました。

(取材は2020年4月中旬、リモート取材にて)

好印象には、笑顔を大切に。

―お仕事柄さまざまな人と関わる機会も多いと思いますが、初対面の時に気を付けていることはありますか?

やっぱり好印象を持ってもらいたいので、ハキハキ話すことは意識しています。
笑顔は自然と出てきますね。
学生のときはそこまで意識していなかったんですが、プロになってからは多くの方に会うこともあり、意識するようになりました。
学生のときは人見知りでしたし、怖く見られてしまうこともあったので、笑顔は重要ですね。

―現在、ライジングウェーブ フリー オードトワレ(ライトブルー)をご愛用くださっているとのことですが、きっかけや出会いを教えてください。

高校のときに部活の先輩が使っていて試したことはあったんですが、今使い始めたのはフィッツコーポレーションさんで頂いたことがきっかけです。
ほかの香りも頂きましたが、フリー ライトブルーが断然お気に入りですね。

フリー ライトブルー

高校時代から、香りは常に生活にあった。

―これまでにも香水や香りアイテムは使っていたのですか?

高校のころは、女の子を意識し始めて、さわやかな香りの香水を使っていました。高校時代は寮生活だったので、学校に住んでいたようなものだったんですが(笑)、外に行くときは少し「かっこつけたい」という思いがあったので、香水のほうがしっかりしているなと。

あと、ボディファンタジーのボディミストは人気で、みんな学校で使っていましたね。香水は量を間違えるとつけすぎてしまうので、学校では使い分けていました。

―学生時代の香りの思い出はほかにもありますか?

寮では1年生が当番制で、先輩の分も含めて洗濯するんです。20人くらいいるので、1日3時間くらいかかるんですよ。
先輩によっては柔軟剤の指定もあって、好きな香りのときは、内緒で自分の洗濯物を一緒にしてました(笑)。

香りはお出かけモードのON/OFFの切り替え

―香りを使うタイミングやなど、現在も使い分けていますか?

使い分けています。香水を使うのは、「私服をちゃんと着るとき」。買い物や、都内で遊ぶときなど。ごはんの後などには、小さいバッグやポケットからツイストフレグランスを出して、一瞬でさっとつけています。キャップがないのがいいですね。

普段の練習はラフな格好なのであまり香りはつけないんですが、練習場にボディミストを置いています。練習前にすっきりしたいという気分の時にはつけていますね。

香水は私服のときのものというイメージなので、香水をつけて練習場に行くのは、練習場にユニフォームじゃなくてばっちりキメた私服で行くようなものなんです。
香りは僕にとって「小さなスイッチ」という感覚ですね。

―チームメイトやファンの方から、香りに対する反応はありますか?

やっぱりありますね。最初は「いいね、どこの香り?」って聞かれたり、ファンの方との距離が近いタイミングもあるので、ファンの方から聞かれることもあります。
でも、スポーツ選手全般そうだと思うのですが、チームメイトがどの香りなのか、わかるんです。
だからユニフォームとか、名前を見なくても嗅げば誰のか絶対にわかります(笑)。

―すごいですね!香りだけで誰の香りかわかるとは…!

結構ほかの選手もつけているんですよ。だから、おなじみの香りがありますね。
チーム内だと、関野(関野剛平選手)、修人さん(田渡修人選手)とかは、よくいい香りをさせているイメージです。

いろんな場所に対応してくれて、さわやかな香り

―やはりライジングウェーブでは、フリー ライトブルーが一番のお気に入りなんですね。

家のなかでは違う香りを使うこともありますが、人に会う時はもうフリー ライトブルー一択ですね。
国内・海外の遠征のときも、持っていくものが限られますが、香水は一緒に持って行ってます。

―ありがとうございます。
最後にライジングウェーブ フリー オードトワレ(ライトブルー)のお気に入りポイントを教えてください。

なじみやすい香りだと思いますね。
きつい香水や主張が強い香水もあると思うんですが、どんな場所につけていっても大丈夫な感じがします。・・・わかった!
「いろんな場所に対応してくれて、さわやかな香り」です!

フリー ライトブルー ―しっかりとまとめてくださってありがとうございます!

今シーズンは試合が中止となってしまいましたが、来シーズン以降の活躍にも期待が高まるベンドラメ選手。
高校時代から、ボディミストや香水、さらにはご自分でお洗濯もされていた経験から、柔軟剤の香りにもこだわりがあったようです。
ライジングウェーブが遠征先でもスイッチの切り替えとしてお供になっているとは、嬉しい限り。

一日でも早くベンドラメ選手のプレイが見られるように、フィッツコーポレーション一同応援しております!

PROFILE

ベンドラメ礼生

福岡県出身。
名門 延岡学園高校にて高校三冠を達成し、東海大学へ進学。
1年次よりベンチ入りをし、4年連続決勝進出を果たす。

2016年大学在学時にサンロッカーズ渋谷(当時 日立サンロッカーズ東京)にアーリーエントリーで入団、翌シーズンBリーグ開幕とともにプロとしてコートに立つ。

持ち前のアグレッシブさを生かし、2016-17シーズンは初代新人賞に選出され、2018-19シーズンはBリーグオールスターにも選出された。

昨年FIBAワールドカップ2019アジア地区予選においてA代表に初選出されるなど、今後の活躍が期待される。